もっと、上手になりたい。純真でメジャーに挑んだ、永遠の野球少年。

第1回 松井稼頭央さん メジャーリーガー

2008年11月25日

インタビュアー 丸山貴宏

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
松井稼頭央さん
  • PROFILE
    松井稼頭央(まつい・かずお)
  • 1975年大阪府生まれ、メジャーリーガー。PL学園高校時代は投手として活躍、甲子園にも出場。
  • 1994年、ドラフト3位で西武ライオンズに入団。内野手、スイッチヒッターに転向。
  • 1997年には62盗塁で盗塁王になるなどリーグ優勝に貢献。 同年のオールスターゲームでは1試合4盗塁の新記録を樹立してMVPを獲得。1998年にはシーズンMVPを受賞。2002年にはスイッチヒッターとしては史上初の3割30本塁打30盗塁の「トリプルスリー」を成し遂げ、「センチュリーベストナイン」にも選出。2004年、メジャーリーグのニューヨーク・メッツにFA移籍し、初の日本人内野手メジャーリーガーとなった。
  • 2004年の開幕戦では、メジャー史上初となる開幕戦新人初打席初球本塁打を記録。その後は怪我もあり、2006年シーズン中にコロラド・ロッキーズへトレード移籍。。
  • 2007年はプレーオフで逆転満塁本塁打も放つなどリーグ優勝の原動力に。ワールドシリーズでは、岡島秀樹や松坂大輔が所属するボストン・レッドソックスとの対決となり、史上初の日本人直接対決が実現。
  • 2007年オフ、ヒューストン・アストロズと3年1,650万ドル(推定)で契約して移籍した。
Next update 松井稼頭央氏
メジャーに触れて感じた、凄さと楽しさ。

2008/11/17

思うにまかせぬ 逆風の中で。

2008/11/25

変化を恐れず夢へ邁進。

2008/12/1

新天地で見つけた自分らしさ。

2008/12/8

メリットやデメリットを超越した向上心。

2008/12/15

メジャーに触れて感じた、凄さと楽しさ。

松井稼頭央さんのメジャーデビュー戦は華々しかった。メジャー史上初となる、開幕戦新人初打席初球本塁打。日本人初の内野手メジャーリーガーの活躍に、ニューヨークのファンは熱狂した。しかし、日本では連続試合出場を続けてきたタフネスも、アメリカでは度重なる怪我に悩まされ、マイナーでのプレーも経験。メジャー復帰後も打撃や守備で不振が続くと、ニューヨークのファンは一転、彼にブーイングを浴びせはじめた。長年親しんだ遊撃手というポジションから、二塁手へコンバート。思うにまかせぬ逆風の中で、松井さんを支えた精神とは──。

「なにかを得るためには、なにかを捨てなければならない。日本で築き上げたものを守ることに興味はありませんでした」

丸山:
メジャー移籍後、特にメッツ時代は苦しい思いも経験されたわけですが、挑戦への後悔や、日本球界へ戻ることなどが脳裡を過ぎるようなことはありませんでしたか。
松井:
「怪我をしたとき、成績が残せなかったときは、苦しいと思ったこともありました。でも、自分の選択を後悔したことはありません。自分が挑戦したいと思ってここへ来たんだから、そうした壁にぶちあたることを嫌だとは思わないようにしようと。成功とか、失敗とか、そんなことは周りが勝手に結果論で評価してくれればいいことであって、自分自身は、結果を気にせず、野球が上手くなるためにここへ来たんだという思いだけ持っていればいいかなと。それに、いちばんの味方である家族がそばにいてくれて、自分のために自分の野球をしてほしいといってくれて、それが支えにもなりました」
丸山:
言葉の違いを始めとする様々な環境の変化があり、そして野球自体も、日本とメジャーとでは違いもあった。そこにアジャストしていくことの難しさも肌で実感されたわけですが。
松井:
「言葉が通じないなかでも、チームメートの輪のなかへ入っていかなければならなかったり。長距離の移動にも慣れながら、遠征先で試合後の深夜まで開いている夕食屋さんを探さなければならなかったり。それらを苦労と思えば、数え切れないほどの大変さが移籍後にはありました。いくら好きでも、毎日ハンバーガーばかり食べられないでしょ(笑)。それに野球にしても、ストライクゾーンの違い、日本では見たこともない変化球や速球への対応など、当初は戸惑いもたくさんありました。もし、日本にいれば、何不自由なかったかもしれません。でも、苦労はしたくはないけれど、誰もができる苦労ではないんだと。メジャーに挑戦しているからこその苦労なんだと。様々な環境の変化を、僕はプラスに捉えて慣れようとしてきました。そのうえで、どうしても慣れることができないことは、自分のスタイルを貫けばいいのかなと開き直ってみたりしました」
丸山:
職場を変えて、その組織に馴染むために最も大切な要素は、どんなところだと感じていますか。
松井:
「アメリカ人からすれば、当然日本人である僕は外国人です。突然見知らぬ国からやってきた僕が、チームに仲間として溶け込むためには、やはり実力を見せること以外にないですよね。僕が日本にいた頃、外国人の助っ人選手が来るたびに、どれだけやるかを見ていましたから。いくらナイスガイでも、大切な場面で打てなかったら、誰も認めてくれません。それと同時に、自分自身をアピールすること以上に、チームにどれだけ貢献できるかを考えること。実力を示しながらも、チームプレーができるかどうかですね」

<来週につづく>

構成/平山譲

NEXT 12月1日(月)
「変化を恐れず夢へ邁進。」

華々しいメジャーデビューのあと、怪我に悩まされ苦しむ。その逆風の中で松井さんを支えた精神とは
苦しかった時期を乗り越え、
新天地ロッキーズでの快進撃が始まる。
その原動力となったものとは
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5