一度はゲームセットした夢へ。日本人アンパイア、ベースボールの母国で裁く。

第3回 平林岳さん 野球審判員

2009年2月9日

インタビュアー 丸山貴宏

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
平林岳さん
  • PROFILE
    平林岳(ひらばやし・たけし)
  • 1966年兵庫県生まれ、野球審判員。中学生時代からプロの審判を目指し、國學院大学卒業後、日本のプロ野球、セ・パ両リーグの審判テストを受けるも、身体検査で裸眼視力が規定に満たずに不採用になる。
  • 1992年、渡米してジム・エバンス審判学校に入学し、日本人初のアメリカプロ野球審判となる。
  • 1993年、パ・リーグからスカウトされ、東京審判部に入局。1999年4月7日には、松坂大輔投手(現ボストン・レッドソックス)のプロデビュー戦の球審を務めるなどした。
  • 2002年を最後に退局し、渡米してジム・エバンス審判学校に再入学。2005年、マイナーリーグで米国球界復帰を果たす。
  • 2007年、ミッドウェストリーグ(ミドルAクラス)のオールスターゲームでも球審を務める。同年7月、アドバンスドAクラスへの昇格を果たし、カリフォルニアリーグの審判となる。
  • 2008年、サザンリーグ(ダブルAクラス)に所属し、シーズン終盤にはチーフクルーとして数試合を担当。
  • 2009年は、日本人初となるトリプルAクラスへの昇格が見込まれている。その場合、日本人審判として初めて、臨時的にメジャーリーグのグラウンドに立つ可能性がある。
  • 現在はアメリカでメジャーリーグの審判を目指す傍ら、日本のFMラジオ局・NACK5でゲスト解説なども行っている。
Next update 平林岳氏
日本で閉ざされた扉を、アメリカで開く。

2009/1/19

スカウトされて「逆輸入」で日本へ。

2009/1/26

忘られぬ夢を追って、ゼロからの再出発。

2009/2/2

見えてきた、メジャーという頂きを目指して。

2009/2/9

見えてきた、メジャーという頂きを目指して。

2009年、日本人初となるトリプルAクラスへの昇格が決定的な平林さん。最初に渡米してから、じつに17年の歳月が流れた。このまま順調にいけば、近い将来、平林さんが日本人初のメジャーリーグ審判になることは間違いない。中学生のときから一つの夢を追いかけ、それを実現しようと邁進する過程において見えてきた、メジャーリーグという最高峰。日本での不採用に始まり、審判学校への再入学など、幾多の苦難を経て、ようやく、その頂きへと辿り着こうとしている。そんな夢追人が語る、現在、そして未来──。

「年齢や環境を理由に一歩目を踏みだそうとしないのは、自分の夢から逃げていることと同じじゃないかと思ったんです」

丸山:
いよいよメジャーリーグまで手が届きそうなトリプルAクラスまで到達しました。ここに至るまでに必須だったと思われる要素は?
平林:
語学力や適応力など、必須要素は数多くあります。でも僕は、渡米する前のチャレンジャー精神こそが、なにより欠かせなかったと感じています。僕は、「やってみなければわからない」という言葉が好きです。人は、予測できないことには、なかなか一歩目を踏みだそうとしません。頭で考えただけで、無理だと思って行動したがらない。僕の2度目の渡米のときは、誰が見ても、将来を予測できなかったでしょうし、無理だと結論づけされたかもしれません。でも僕は、年齢や環境を理由にして一歩目を踏みだそうとしないのは、自分の夢から逃げていることと同じじゃないかと思ったんです。もうすぐ40歳になるからできない、家族がいるからできない、それでは自分の夢に対して誠実じゃないと。何歳になっても、どんな環境でも、夢を実現できる方法を一生懸命模索することで、1パーセントしかなかった可能性を、50パーセントに広げることだってできるんです。
丸山:
近い将来、もしメジャーリーグで審判を務めるという夢を果たされたとしたら、その後の新たな人生設計は、もう描かれているのでしょうか。
平林:
僕はメジャーで20年、30年と長くやりたいという気持ちはないんです。10年くらいできればいいかなと。松坂選手が投げて、城島選手が受けて、松井選手が打って、イチロー選手が走って……。そんな試合を、自分が裁けたら面白いだろうなと(笑)。メジャーから退いた後は、若い審判を育てたいですね。日本で審判の育成機関を作って、アメリカに渡っていけるような審判がたくさん生まれてくれたらいいですね。アメリカはまだ白人社会ですから、そんななかに、アジア人審判が裁く立場でいるということは、今後のアジア人のさらなる地位確立のためにも大切なことかもしれないと思うんです。メジャーで初のアジア人審判を目指している僕には、そういう責任もあるのかなと感じています。
丸山:
最後に、いま、転職を考えている30代、40代に、力強いメッセージをお願いします。
平林:
やってみなければわからない! やはり、それに尽きると思います。迷っているなら、まずは、一歩目を踏みだしてみる。無理だと最初から諦めてしまうよりは、やってみて、失敗するほうが、その後の人生にとってはるかにプラスになると思います。僕は、「失敗」なんて、人生にはないんだと思っています。すぐにこの世を去らなければならないならまだしも、まだまだ先があるわけじゃないですか。その失敗を次に活かすことができれば、それは失敗ではなく、ステップに過ぎないわけです。失敗することを怖れたら、なにもできずに終わってしまう。せっかく生まれてきたんだから、なにもしない人生なんて、つまらないでしょ。

<了>

構成/平山譲

NEXT 2月23日(月)
ドラフト外入団という「無名」からの出発。

やりがいを求めて、投手から野手へ「転身」。
念願のプロ球団からスカウトされたものの、ドラフト外入団。
人並み以上の努力と不屈の精神で、1年目にして1軍入りを果たす。
以後長きにわたり活躍されてきた石井選手の
転機をチャンスに変えた瞬間とは。
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4